犬と暮らすことの意味についてご一緒に考えてみましょう

犬のしつけ教材「購入率ランキング」

マークトップページへ戻る(犬のしつけ教材購入率ランキング)


犬と暮らすことの意味

あなたは愛犬に好かれていますか?・・

・人間と犬との関係は唯一のものです
・人間は犬が大好きです
・犬は人間が大好きです

犬は人間と生活することによって大いに繁栄してきました。人間がいなければ、犬が世界各国へ、また島国へと進出することはなかったでしょう。

人間がいたからこそ、犬は世界でもっとも繁栄した動物の一種となることができました。私たちは個人的にも犬をかわいがってきました。安全で快適な住みかを与え、おいしい食事を毎日与え、非常に高度な治療によって、健康を守ってきたのです。

また私たち人間は精神的にも犬を支えてきました。もたれかかることのできる足、すり寄ることのできる相手、頬をくすぐったり背中をなでてくれる手の温もり・・

利益目当ての愛情 感情に基づく結びつき

犬の飼い主は、そのほとんどが自分のペットを愛していると言うでしょう。しかし、犬が私たちに示す愛情は、生きるために飼い主から必要な物を与えてもらうだけの、「利益目当ての愛情」に過ぎないのでしょうか?

私たちの絆はそれよりもはるかに強いと確信しています。そして、犬が人間の家族との間に築いてきた関係は、その強さでは実際、生物学的な話をはるかに超えています。

犬の感情が、同居している人間の影響を受けることは明らかです。イギリスのケンブリッジ大学で行われた研究から、内気で行儀が悪く、精神的にやや不安定な人を飼い主に持つコッカー・スパニエルは、平均的な性格の飼い主を持ったコッカー・スパニエルよりも攻撃的であることが明らかになっています。

また別の研究では、人格試験で神経症的性格のスコアが高い人が飼っている犬は、注意を引こうとして人を困らせ、家に置き去りにされると暴れ、人やクッションに対して交尾しようとすることが明らかにされています。

犬と家族の写真

犬は私たちを癒してくれ また犬を飼うことは健康に良いです

表向き私たちは、犬対人間の関係では世話をする側です。しかし、この関係は一方通行ではありません。犬は私たちに目に見える身体的、精神的見返りを与えてくれます。

米国の文化人類学者コンスタンス・ペランは、たとえば犬を撫でていると血圧が下がるといった、私たちに起こる不思議な現象について、初めて説明を試みました。ペランは、私たちが犬をなでたときに受ける心理的な見返りは、私たちが幼少時に母親のぬくもりに触れることで受けた安らぎに端を発しているという仮説を立てたのです。

犬をなでると、私たちの体内では幼少時に母親の体に触れることで、活性化されたものと同じ化学的経路が刺激されるとペランは考えているのです。

今日、私たちは主に社会的、また心理的な理由で犬を飼っています。オーストラリア・モナッシュ大学のウォリック博士は、犬を飼っている人は犬を飼っていない人に比べ、心臓病になるリスクが低いことを明らかにしました。

ペンシル八二ア大学のジェームス・セルペル博士は別の研究の中で、犬を飼っている人は犬を飼っていない人に比べ、のどの痛み、腰痛、不眠といった体の不調を訴えることが少なく、犬は飼い主の生理全般に、有益な作用をもたらすことを示唆しました。

1980年代の半ばに、世界保健機構(WHO)は「きちんと世話をされたコンパニオンアニマルは飼い主や飼い主に多大な利益を及ばし、誰に対しても危険を及ぼさない」と報告しました。

それは愛ですか? 答えは犬のしつけをやり遂げたときに出ます

人間が犬と強い絆で結ばれていることには、疑いの余地もありません。犬は私たちの心に栄養を与えてくれます。また、私たちは犬と多くの性格を共有しています。しかし、犬は私たちを愛しているのでしょうか?・・

科学の力で答えを出すことはできません。また、犬の心の中をのぞき込むこともできません。したがって、外から見ている反応はとらえどころがありません。

その答えは、これからあなたが犬をもっと理解して、犬のしつけをやり遂げ、長い歳月をかけ信頼関係と主従関係を構築できた時に、答えが出るのかもしれません・・


しつけ風景の写真

マークトップページへ戻る(犬のしつけ教材購入率ランキング)


下のボタンで登録しておくと便利です♪
Yahoo!ブックマークに登録